UVケア、もう夏だけのものではなくなってきました。
店頭にも一年中置いてますね。
けど、いろんな種類が出揃うのはこの季節。
そこで、UVケアについての基本の事を少し。。

【SPF・PA】
SPFは中波長紫外線(UVB)に対し、PAは長波長紫外線(UVA)に対しての防御の値です。
(参考数値で)SPF1で日焼けが始まる時間を20分遅らせます。なので、SPF30なら600分=1時間です。
PAは多いほど、防止効果が高いことを示します。最高値:SPF=50、PA=++++

日常生活ではSPF20程度、PA+で充分です。
数値が高くなると、効果や安心感もありますが、お肌への刺激も否めません。


【紫外線吸収剤】
紫外線を吸収して他のエネルギーに変えてくれる成分。
UVB・UVAそれぞれに対応できるものがあって、種類も多いです。

◎効果が高い、使用感がいい、白くならない
☓一定量の紫外線を吸収すると壊れてしまい、紫外線を吸収しなくなる、肌への負担が高い


【紫外線反射材】
紫外線を散乱・反射してくれます。吸収剤と比べて種類は少ないです。

◎肌への負担が低い、壊れることが無く、効果が持続する
☓効果が低い、使用感が悪い、白くなる
近頃は白浮きしないように粒子の細かい成分も出てきているようです。
お肌の弱い方には吸収剤フリーの反射材配合のものと上手に付き合うのが良さそうです。

そして、本題!

UV化粧品を使っても、100%効果があるわけではないので、それを最大限活かすには
お肌のコンディションがとっても大切です
特に反射材は肌に凹凸があると、汗や皮脂で凹みに流れていってしまいます。
キメが整い、ハリがあれば、より日焼けを防ぐことが可能になるんです。

夏でもエアコンなどでお肌は乾燥します。
保湿ケアもお忘れなく


P'sBeautyLand
ピーリング顔1